企業が取り組むべきリサイクル活動とその目的とは

>

企業としての責任とは

CSR活動のひとつとしての取り組み

企業の環境活動として、CSR活動という概念があります。
社会貢献、法令順守をはじめとする、企業が社会的責任を果たすための活動を指します。
地球環境保護もその1つとして重要なもので、環境を意識した製品づくり、環境保護のための取り組みが企業に求められているのです。

例えばその中でもリサイクル活動といったものであれば、消費者にとっても分かりやすい環境保護の取り組みとなります。
自社のアピールポイントの1つとして、そういったことに力を入れている企業も少なくありません。
一定規模の企業であれば、多くの場合、ホームページにCSRに関する考え方や取り組み、実績などが掲載されていることでしょう。
それと併せて、環境保護のための取り組みが具体的に報告されているケースもよくあります。

世界を視野に入れた取り組み

世界基準で活躍する企業であれば、今の時代、リサイクル活動は欠かせません。
むしろ、環境問題や社会問題に取り組んでいて初めて、「ちゃんとした」企業だと判断されるとも言えます。
組織の社会的責任に関する国際規格ISO26000がガイドラインとして適用されたという背景からも、ますます世の中の注目度が高まりました。
CSR活動は、一般人の感覚からしても、もはや特別なことではなくなってきています。
先進国でありながら環境問題への取り組みは日本は遅れがちでしたが、この先ますます「当たり前」となってくることでしょう。
これからは「大企業」でなくともリサイクル活動をして、企業としての責任を果たさなくてはならないという時代です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑