企業が取り組むべきリサイクル活動とその目的とは

>

なぜいま、企業によるリサイクル活動が大切なのか

社内活動

企業の環境問題やエコに関する取り組みは様々です。
節電、クールビズ、地域のごみ拾いから環境団体への寄付まで、多くの企業で色々な活動が実施されています。

リサイクルもその1つで、3Rと呼ばれるリサイクル活動を謳っている企業も少なくありません。
紙の再利用といった基本的なことだけでなく、廃棄物でも使えるものは再利用したり、社内でごみの分別回収を行ったりしている企業もあります。
その他の実例として、例えば衣料品を輸送する際に、ハンガーにかけたまま行うことで段ボールや緩衝材の使用を減らしたり、食料品の輸送時に、再利用可能なプラスチックのコンテナを利用することで梱包材の削減を図ったりといった取り組みなどもあります。

自社製品に関するリサイクル活動

自社製品に関するリサイクル活動としては、使用済みもしくは不要になった製品の回収をして、それをリサイクルするといった方法があります。
また、そのような活動内容や結果を自社のホームページで周知することで、一人ひとりのエコやリサイクルに対する意識の向上させるという働きかけもしています。

また、例えば製造業においては、再利用可能な資源を用いた製品づくり、自社の廃棄物を用いた製品づくりといった取り組みを積極的に行っている企業も少なくありません。
一般人でも、環境問題やエコ、リサイクルといったキーワードに敏感になっています。
地球にやさしい製品を使いたいという人々が増えている昨今、エコに特化した活動や製品づくりは企業にとっての最優先課題とも言えるでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑